メルマガ登録・解除
 

軸馬予想競馬ブログ 管理人プロフィール

■長野生まれ

西村敏志は1986年8月30日に長野で生まれました。

それから、どんな生活をして育ってきたのかについて
こちらに綴っていきたいと思います。


■調子に乗ってた小学校時代!?

小学校時代の私は運動も勉強もある程度出来ました。
小学校では運動できる人が人気者でした。
そのせいか、今思えばかなり調子に乗っていたと思います。

男女関係無く言いたいこと言ったり、
先生に暴言はいたりしてましたね。。。。

まぁ問題児だったと思います。


■部活に励んだ中学時代

中学は受験などせずに、地元の公立校に行きました。

ここで、最初の挫折がありました。
野球部に入った私ですが、
小学校時代は運動が出来た為、
同学年の中ではうまい方だろって思っていたのですが、
全然下手な方でした。

他の小学校の人で
地元の野球クラブに入っていた人たちはかなりうまく、
全然歯がたたなかったのです。

それがすごく悔しく、それから必死で練習に取り組みました。
最終的には部員が90人以上いる野球部で
レギュラー定着とまではいけませんでしたが、
準レギュラーの位置づけでベンチに入ることができました。
(ちなみにポジションはセンターです)

その最後の大会では長野県大会で優勝を手にすることができました。


■不遇の時代だった高校時代

高校は学区内で偏差値2位の公立高校に行きました。

本当は1位の高校に行きたかったのですが、
部活の方が県大会優勝で長引いてしまい、
テストの点の落ち込みがひどかったからそうなりました。

高校でも野球部に入りました。
特別野球の強い高校ではなかったので、
一年目から試合に出れることが多かったです。

三年生が引退した一年の秋からはレギュラーとなりましたが
部活の監督やチームメイトといまいち合わず、
一年の冬に辞めてしまいました。

そこから二年間は推薦で大学に行くため勉強しました。
ぱっとしない二年間でしたが、
野球漬けの毎日から開放され、
自由に遊べたのでかなり楽しかったです。

この頃に父親の影響で競馬を見るようになり、
ダビスタをやるようになりました。


■出鼻をくじかれた大学時代

大学は東京の工学系の私立大に行きました。

一人暮らしの始まりです。
かなりワクワクしていたのを覚えています。

そのなかで高校時代パッとしない感じだったので、
「大学デビュー」しようと計画していました。

しかしながら、見事失敗。
やはり工学系の大学だけあり全然女の子がいないのです。
大学デビューのモチベーションはガクッと下がり、
やめてしまったのです。

それからは授業とバイトと麻雀の毎日でした。


■競馬漬けの大学時代2

20歳になり、競馬場デビューしました。

それまでも競馬は見てはいたのですが、
馬券を買ったのはそれが初めてでした。

最初の頃は単複中心で買い、
それなりに勝ってました。
ビギナーズラックでしたね。

それから東京競馬場での開催のときはほぼ毎週観戦に行きました。
それ以外のときは、渋谷のウインズが私のホームでした。

また、平日には大井や川崎に行って地方競馬もやりました。

馬が走っているのを見るのが大好きでしたね。

その後でかい配当を狙うようになり、
連複、連単、3連単等買うようになると
全然当たらず、結構負けましたね。

今は単複派に戻りました。


■就職活動

就職活動では財務状況のいい大手で、
名前はそこまでメジャーではないところを受けました。

一流大学ではなかったので大手に受かるなら
そのような戦略が必要だと思ったからです。

リーマンショック手前だったこともあり、
戦略通り大手に受かることができました。


■現在

新卒で入社した会社で二年目を迎えております。
同期とも仲良くやれており、充実した毎日を送っています。

競馬に関しては、メルマガ、ブログ、書籍等
あらゆるメディアの情報を収集し、
データ分析とレース回顧から注目馬をピックアップし、
単複を中心に購入しています。
(単複を購入する理由は控除率が80%で
 他の券種よりも5%有利だからです。)


■最後に

こんな私のプロフィールを最後まで読んでいただきありがとうございます。
どうぞ今後とも宜しくお願い致します。


>>>当ブログ:軸馬予想競馬ブログ〜ラップ分析・統計で答えを導く〜TOPへ戻る
posted by 西村 敏志 at 16:10 | 東京 ☀ | Comment(2) | 管理人プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。