メルマガ登録・解除
 

中山11R 皐月賞軸馬予想

◆◆中山11R 皐月賞

 ◎ブライトエンブレム


今年は2歳重賞も増えてローテが多様化したせいか、

1つ1つのメンバーが手薄になり

2戦2勝の重賞馬が多く誕生しました。


それが弥生賞とスプリングSで一度ぶつかって、

その結果を踏まえて本番がどうかという感じの流れ。


まず、弥生賞とスプリングSのレース自体の評価をすると、

今年に限っては弥生賞の方が本番につながる可能性が高い。

弥生賞は後半5つが速くなるロングスパート戦で

持続力が問われましたが、

スプリングSは良馬場でも中盤に13秒台が入るドスローで、

基本的に瞬発力しか問われなかった。


皐月賞と言えばテンも中盤も緩まず、

上がりもそれほど落ちないタフなレースになることが多いので、

比較的近いのは弥生賞というワケ。


特に、先週ドスローから逃げ馬が突き放したG1が出てしまったわけで

今週はそう簡単に逃がしたらまずいという意識も働くはずだし、

展開的に上がりだけのレースにはならないでしょう。



それを踏まえると、

弥生賞でロングスパート戦を2着、

札幌2歳Sで中盤緩まない持続力・底力が問われる展開を

まとめて差し切った実績があるブライトエンブレムが有力と見ます。


馬場的に明らかに差しが有効になっているのも後押し。

1枠1番ですが、ヘタに内をさばこうとせずに

豪快に大外を回しちゃってもいいでしょう。



実は血統的に見ても流行の

ディープインパクト・キングカメハメハ・ハーツクライ

の産駒はまだ勝てていないG1でもあり、

小回り得意なネオユニヴァース産駒なので血統的にも後押し。



相手は

・サトノクラウン

・ダノンプラチナ

・クラリティスカイ

・リアルスティール

あたり。

ただ、リアルスティールはココもステップで

ダービー一本狙いな気がしてて、

差して届かず掲示板までもあり得るかと。


無料メルマガでさらに濃い競馬情報を公開↓
2.gif


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
◆◇大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド◆◇


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。
馬の血統が世代交代しようと、
騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。
そして勝つ馬の情報通りに投票する、
それだけが競馬で勝つ最短経路です。


言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。


それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら
100人中100人が知っている
「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、
全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり
現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても
影響力では敵わないであろうほどの
競馬の歴史上に記録される大人物です。


その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという
「由緒正しい正統性」
を保持しているのが
こちらの競馬情報サイトです。
多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、
その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



>>>軸馬予想競馬ブログ〜ラップ分析・統計で答えを導く〜TOPへ戻る
posted by 西村 敏志 at 19:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 軸馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。