メルマガ登録・解除
 

阪神11R 桜花賞軸馬予想

◆◆阪神11R 桜花賞

 ◎クルミナル


桜花賞が来ると本格的に春のG1シーズン開幕って気がしますね。


私の桜花賞の本命はクルミナルです。


今年は小柄な馬が多いメンバー構成ですが、

阪神外回りに変わってからの8年、

馬体重450キロ以下で勝った馬はレジネッタのみ。


また、過去3枠より内枠から馬券に絡んだ馬はいない。


この2つの条件をクリアするのは

・クルミナル

・ルージュバック

・ローデット

・ココロノアイ

の4頭のみ。


この内、実績から言えば

ルージュバック・ココロノアイが断然ではあるが、

実績よりも素質こそ重要である傾向が出ているので、

チューリップ賞惨敗も1番人気に支持されたクルミナルを狙う。


チューリップ賞は重馬場で苦しがっていたので

それが理由であれば良馬場で見直せる可能性はかなり高い。

2勝は京都なので、まだ坂を苦にする可能性はあるものの、

このレースで圧倒的なディープインパクト産駒である血統も後押し。


瞬発力は必須の桜花賞ですが、

加速度の高いレースを2つ勝ってきてキレは証明しているし、

阪神で同じことができれば勝ち負けに持ち込めると見ます。


無料メルマガでさらに濃い競馬情報を公開↓
2.gif


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
◆◇大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド◆◇


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。
馬の血統が世代交代しようと、
騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。
そして勝つ馬の情報通りに投票する、
それだけが競馬で勝つ最短経路です。


言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。


それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら
100人中100人が知っている
「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、
全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり
現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても
影響力では敵わないであろうほどの
競馬の歴史上に記録される大人物です。


その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという
「由緒正しい正統性」
を保持しているのが
こちらの競馬情報サイトです。
多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、
その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



>>>軸馬予想競馬ブログ〜ラップ分析・統計で答えを導く〜TOPへ戻る
posted by 西村 敏志 at 19:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | 軸馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。